日時:平成29年9月5日(火)10:00~10:40

内容:パネルシアター「いたずら魔女の通せんぼ」

シアターの実施中、人参嫌いのサルさんが人参ケーキを食べられずにいると、園児たちが「がんばって!食べられるよ!」と自然に声をかけてくれました。朝ごはんをしっかり食べるには?との問には「やっぱり早く寝ないといかんな~」との声が上がりました。

保護者にはクイズ等に一緒に参加してもらいました。

これが親子のコミュニケーションのきっかけになってもらえればうれしいです。

 

 

日時:平成29年9月15日(金)9:30~10:30

テーマ:「食欲の秋、美容の秋」

 

紹介した料理:秋野菜のグラタン

 

秋が旬のさつまいも・しめじ・なす・鮭を使用。ホワイトソースを簡単に作るコツとして、もちと豆乳を利用した。少量のホワイトソースを作るのに困っていた方から家庭でも作ってみたいとの声がありました。

 

さつまいもとフルーツの白和え

秋が旬のさつまいもとりんごを使用したデザート感覚の白和えです。これからの季節だと、柿でも代用可能です。

 

栄養素についての説明:ポリフェノール

野菜やくだもの、いもなどの皮に多く含まれ、きれいに洗って皮をむかずに使用するとポリフェノールが摂取できます。旬の物は一年の中で最も栄養が高いので旬を大切にしてほしいです。

 

アスタキサンチン

鮭に含まれる色素です。高い抗酸化作用があり、肌のハリ・シミの改善・美白効果があります。

 

食物繊維

いもに多く含まれている。腸内環境を整え、便秘を解消することで、体の調子が整うとともに、肌トラブルも解消できます。

 

秋野菜のグラタンとさつまいもとフルーツの白和え

11月の生涯教育の日程についてお知らせします。

1 日時 平成29年11月18日(土)10:30~16:10

2 場所 高松テルサ3階 301・302会議室

(高松市屋島西町2366-1  ℡ 087-844-3511)

3 内容および日程

10:30 ~12:00(基本 2-6 講義 1単位)

保健機能食品と栄養成分表示制度 「食品表示法と健康増進法」
講師:香川県健康福祉部健康福祉総務課  副主幹 山口美和子氏

13:00 ~16:10 実務演習 1単位  FS46- 205 (T,P)

在宅訪問栄養士研修会「在宅訪問栄養食事指導の実際」
講師:医療法人社団 福寿会  福岡クリニック在宅部  栄養課 中村育子氏

4 参加費

当日申し込み:1単位 1,200円(会員) 1単位 2,400円(非会員)

 

平成29年9月14日にさぬきこどもの国 はぐくみ広場で子育て相談を行いました。

★日時 平成29年9月14日(木)10:00~15:00

〔内 容〕

主に一人で歩ける子どもとその保護者に対して、離乳食の内容や子どもの好き嫌いなどについての相談。
子どもが好む野菜料理、乳製品の摂り方など相談がありました。

平成29年10月1日にさぬきこどもの国 芝生広場で「かがわ子育て支援フェスティバル」を行いました。

★日時 平成29年10月1日(日)10:00~16:00

〔内容〕

カルシウムつり堀やボーロ運びゲーム
天候も良く大勢の参加がありました。楽しいゲームで食材への関心が深まる食育事業となりました。

かがわ子育て支援フェスティバル2017
かがわ子育て支援フェスティバル2017 かがわ子育て支援フェスティバル2017

 

平成29年10月7日、8日に香川大学医学部キャンパスで行われた「すこやかフェスタ」に参加しました。

★日時 平成29年10月7日(土)9:30~16:00
10月8日(日)9:30~16:00

〔内容〕

香川大学医学部祭「すこやかフェスタ」に来られる学生や一般の方に対して、野菜摂取の普及や健康的に過ごせるように食事相談指導を行いました。
野菜摂取や飲料の砂糖含有量展示など、身近な食品に関することなので、小さな子どもから年配の方まで幅広い年齢層の方が関心を持って参加されていました。豆運びゲームは手軽に参加できて大好評でした。

すこやかフェスタ2017 in香川大学医学部祭 すこやかフェスタ2017 in香川大学医学部祭

 

平成29年10月9日、「かがわ介護フェア かがわ食育・地産地消フェスタ」に参加しました。

★日時 平成29年10月9日(月)12:00~17:00
★場所 サンメッセ香川 大展示場

〔内容〕

県民の介護分野への関心と参入の促進、生涯を通じた健康づくりの取り組みを促進する中で、食育・地産地消を一体的に推進することを目的とした会で、栄養相談など行いました。
介護フェアという事で、肺炎予防や食事でのむせに関する相談が多くありました。高齢者になると筋肉を維持するためのたんぱく質の摂取量が少なくなることがあります。バランスの良い食事の摂り方、食事を始める前の準備体操、食事中の姿勢など気をつけていただくポイントをお伝えし、日々の積み重ねが大切だという事を伝えられたと思います。

かがわ介護フェア かがわ食育・地産地消フェスタ

11月の生涯教育の日程についてお知らせします

1 日時

平成29年11月18日(土) 10:30~16:10

2 場所

高松テルサ 3階 301・302会議室
(高松市屋島西町2366-1 TEL 087-844-3511)

3 内容および日程

10:30~12:00 基本 2-6 講義 1単位

保健機能食品と栄養成分表示制度「食品表示法と健康増進法」
講師 香川県健康福祉部健康福祉総務課 副主幹 山口美和子氏

13:00~16:10 実務演習 1単位  FS46- 205 (T,P)  R46- 206

在宅訪問栄養士研修会
「在宅訪問栄養食事指導の実際」
講師 医療法人社団 福寿会 福岡クリニック在宅部 栄養課 中村育子氏

4 参加費

当日申込み:1単位 1200円(会員) 1単位:2400円(非会員)

日時:平成29年9月5日(火)10:00~10:40

内容:パネルシアター「いたずら魔女の通せんぼ」

シアターの実施中、人参嫌いのサルさんが人参ケーキを食べられずにいると、園児たちが「がんばって!食べられるよ!」と自然に声をかけてくれました。朝ごはんをしっかり食べるには?との問には「やっぱり早く寝ないといかんな~」との声が上がりました。

保護者にはクイズ等に一緒に参加してもらいました。

これが親子のコミュニケーションのきっかけになってもらえればうれしいです。

 

平成29年7月14日に子育て世代の主婦の方々を対象に、マルヨシセンター太田店でクッキングスタジオを開催しました。

糖質制限メニューで、低糖質ホットケーキ、クリームスープを提案しました。

低糖質ホットケーキでは、アーモンドプードル(アーモンドを粉末にしたもの)を使用することで、米粉の使用量を控え糖質オフを実現しました。アーモンドプードルを知らない方もたくさんいらっしゃいましたが、「焼きあがったケーキを試食すると、やわらかく、アーモンドの風味がしておいしい」等の感想をいただきました。「生地が少しかためだったので、焼きにくそう」という意見もありましたが、生地がやわらかくなると裏返しにくいこと、実習で使用した水分量であればふっくらとなることを伝えました。

また焼くときに、有塩バターを使用することで「表面に塩気があり食べやすかった」という意見もありました。塩分が気になる方は、無塩バターの使用をおすすめしました。

Q.米粉の代わりに小麦粉でも大丈夫?

⇒A.米粉の方がもっちりと仕上げる効果があります。

クリームスープでは、市販のクリームシチューの素を使用せず、クリームチーズを使用することで糖質を抑えました。「塩・こしょうをしていなくても塩気があるのはなぜか」との質問には、有塩バターでスープの具材を炒めていることを伝えました。エネルギーの気になる方は、バターで炒めずに煮るだけにしてもよいことを伝えました。

Q.豆乳の代わりに牛乳を使用してもよいか?

⇒A.糖質を制限するのであれば、豆乳を使ってほしいが、そうでない場合は牛乳でもよいです。

 

糖質制限のメニューは、食後の血糖値を急激にあげるのを防ぐ効果があります。ただ糖質制限だからといって、食べ過ぎるとカロリーオーバーになってしまうので、注意してほしいです。

マルヨシセンター太田店でクッキングスタジオ マルヨシセンター太田店でクッキングスタジオ