令和5年度在宅訪問栄養士研修会(第3回の生涯教育研修会)を実施しました。

日時:令和5年11月12日(日) 10:30~16:10
場所:仏生山交流センター
参加者〈午前:58名(会場27名、オンデマンド31名)、午後:46名(会場のみ)〉

〇講演(演題)「生活を支える医療を目指して-栄養士に伝えたい義歯の事・口腔機能の事-」
講師 医療法人社団駿陽花しもむら歯科医院  理事長 下村 隼人  氏

内容:歯の大切なこと、噛むことの大切さ、歯科受診の定期受診が大切なこと、口腔機能についての知識と、今後の方向性についても説明をしていただきました。参加された方の感想では、「現場に持ち帰って、共有したいことばかりでとても参加してよかったです」、「今まで嚥下障害や歯の不調を独立した個別の問題として捉えていましたが、すべて巧妙に連動しているという事が面白く、気付きを得られました」、「もう一度具体的な事例を含めお話を伺いたいと思いました」といった声が聞かれました。

 

〇講演 (演題)「2025年問題を前に、もう一度「地域包括ケアシステム構築」を整理しよう香川県における地域包括ケアシステムの1例」
講師  香川県地域包括ケアシステム推進委員会 前田 匡史 氏

内容:団塊の世代75歳を迎える2025年問題を目前に控え、「地域包括ケアシステムの構築」について考える機会となりました。また地域包括ケアシステム学会で作成した「通いの場支援マニュアル(食事編)」を通じて多職種連携の強みを紹介していただきました。参加された方の感想では、「在宅訪問には他職種連携が必要で、その中でも管理栄養士の役割(進出)が必須だと痛感した」、「地域包括ケアシステムについてのしくみがわかりました」、「地域包括ケアシステムについてのしくみがわかりました」といった声が聞かれました。

 

〇演習 (演題) 「香川県地域包括ケアシステムにおける栄養士の役割「通いの場支援マニュアル(食事編)」の活用」
講師 高松協同病院 リハ栄養指導士 岡野 幸代 氏

内容:香川県地域包括ケアシステム学会で作成した「通いの場支援マニュアル(食事編)」を実際に参加者の前で実演し、地域在住者への集団栄養指導のスキルを身につけることを目的に講義があったのち、グループで分かれてそれぞれの意見を話合いました。参加された方の感想では、「前向きな取り組みがよいと思いました」、「具体的な内容でした」、「分かりやすい講演でした。グループで分かれてそれぞれの意見、視点、とても勉強になりました」といった声が聞かれました。

ランチョンセミナー 四国明治株式会社

若い世代の健康づくり事業の一環として、令和6年1月15日(月)に栄養士をめざす短期大学生(2年生)60名を対象に講演「県民の明日の健康を担うあなたへ」、「大学での学びは社会で役立つか」を実施しました。

若い学生に香川の健康づくりの現状と目標を話し、栄養士として実社会で県民から信頼される栄養士になろうと呼びかけ、それには日常の食生活の実践が大事であると資料を使って具体的に話しました。熱心に聞いてくれ質問もしてくれました。

令和6年1月26日(金)に多度津町立多度津幼稚園で食育推進講座を実施しました。

3~5歳の園児を対象に「いたずら魔女のとうせんぼ」というパネルシアターと箸の持ち方の練習、さらに保護者に講話を行いました。

「いたずら魔女のとうせんぼ」を演じている際、サルさんが人参が嫌いで食べられないと言う場面で、子供たちが頑張れコールをして、又食べた時、応援する姿を見て感心しました。

そんな子供たちに関わっている先生たちは、素晴らしいと感じ、園の教育方針が垣間見えたような気がしました。

令和5年度第4回の生涯教育研修会を実施しました。

日時:令和6年2月3日(土) 13:00~16:10
場所:香川短期大学

〇講演(演題)「チーム医療における管理栄養士・栄養士のかかわり

~NST・心不全・褥瘡対策チーム~」

講師  三豊総合病院     栄養管理部  三河 麻里 氏

高松赤十字病院   栄養課     玉置 憲子 氏

香川県立中央病院 栄養部      藤田 優香 氏

NST・心不全・褥瘡対策チームでの一員として病院で活動されている3病院の管理栄養士にチーム内での活動や多職種連携について講演していただきました。それぞれのツールを用いて、栄養評価・介入を行い、管理栄養士としての患者さんへのアプローチの方法が症例を交えてわかりやすく話されていました。チーム内での顔の見える関係づくりを行い、患者さんの栄養管理を行っていることがよく分かりました。また、院内の多職種連携だけでなく、退院を見据えた退院支援チームや介護支援、院外の職種との連携の必要性も再認識することができました。(参加者 会場58名 オンデマンド37名  計95名)

生涯教育2月3日①  生涯教育2月3日②  生涯教育③

 

〇講演(演題)「個別指導の効果的な手法について」

講師  岡山県立大学 保健福祉学部 教授 川上 貴代 先生

栄養指導を行う上で、行動に影響を及ぼしている原因の本質を見極め、原因に対する介入計画を考えることが大切である栄養ケアプロセスの基本・流れといったところから、患者の行動変容を促すための手法についてお話しくださいました。間違いを指摘したくなることを抑え、維持トークに対応し、チェンジトークを引き出すといった動機付け面接法(MI)について、積極的傾聴法(繰り返し:オウム返し)にて相手の考えを肯定すること、未来型質問で自分が出来そうな行動を考えてもらうといった手法を用いて、患者の行動変容を促す手助けをできることが分かりました。(参加者 会場56名 オンデマンド37名  計93名)

生涯教育④

 

 

 

 

 

令和5年度栄養改善学会を開催しました。

各職域から9題の発表を行い、80名に参加いただきました。

各分野の日頃の皆さんの活躍を知ることができ、大変勉強になりました。栄養教育や災害対策・アレルギー・食形態と多岐にわたる内容で、発表者・参加者ともに学びの多い1日になったと思います。発表して下さった会員さんに感謝いたします。有難うございました。

改善学会① 改善学会②

改善学会③

 

日時:令和5年6月3日(土)9:30~11:30

場所:香川県社会福祉総合センター 7階 大会議室

内容:1 講義「香川県栄養士会における災害支援体制について」

講師:(公社)香川県栄養士会 危機管理委員長 橋本真澄 氏

   2 講義「香川県災害時保健活動マニュアル~栄養・食生活支援編~について」

講師:香川県中讃保健福祉事務所 健康福祉課長 岸田伸介 氏

   3 講義「大規模災害に備えた対応~初動体制を考える~」

   講師:高知県立大学 健康栄養学部給食経営管理研究室 島田郁子 氏

 香川県栄養士会における災害支援体制や改定された「香川県災害時保健活動マニュアル~栄養・食生活支援編~」について、共有することができました。

また、島田郁子先生からは、自身の経験を踏まえた災害支援活動の実際や高知県栄養士会の災害支援体制等について御講義いただき、今後の方向性を考える上でたいへん参考になりました。

参加者からも、具体的な講演で、災害支援をどのように進めていくか体系的に教えていただきよかった、他人事でなく、実際の有事に備えて、まずは身近なところから準備してきたいなどの声がありました。

日時:令和5年8月20日(日)10:00~15:00

場所:香川短期大学 1講

内容:1 講義「災害支援への取り組み~今後の体制強化に向けて~」

講師:日本栄養士会専務理事 下浦佳之 氏

   2 演習1「災害備蓄食品の紹介・試食」

講師:賛助会員(株式会社 池田商店)

   3 演習2「JDA-DAT号(緊急災害支援車両)を利用した災害支援訓練」

講師:日本栄養士会専務理事 下浦佳之 氏

 午前中の講義では、JDA-DATの具体的な支援活動や日本栄養士会の体制整備、備え等、具体的に、幅広く教えていただき、香川県栄養士会における今後の方向性を考えるうえで大変参考になりました。また、午後からのJDA-DAT号を利用した実際の訓練は、最新のJDA-DAT号の工夫された装備を見て、参加者からは感嘆の声があがり、今後の支援活動にたいへん役立つものでした。

今回、香川県(危機管理課)や賛助会員から災害備蓄食品を提供していただき、下浦氏からもヒートパックの使い方や備蓄のアレンジも教えていただき、演習1も実りのあるものでした。

アンケート結果から、どの講義・演習についても、とても参考になったとの回答がほとんどで、参加者からは、栄養士会がどのような支援に関わるか役割分担がよく分かった、災害支援のイメージができてよかったなどの声がありました。

なすは加熱する前に、ツナ缶の油をなじませておくことで、水分が飛びづらく、色の変色を抑えます。

なすの代わりにピーマンや、かぼちゃの代わりに人参など、いろいろな野菜でも美味しく作ることができます。

(県民公開講座2022「レンチンレシピ」)

 

2人分

 

なす 1本
かぼちゃ 1/16個
ツナ缶 35g
すりおろし生姜 2g
濃口醤油 小さじ2/3強
砂糖 小さじ1

1.なすは縦半分に切り、浅く斜めに切り込みを入れる。

2.  5㎝の長さに切り、1.5cm角のスティック状にし、水にさらす。

3.   かぼちゃはところどころ皮をむき、長さ5㎝、幅2~3㎜の薄切りにする。

4. ボウルになす、かぼちゃ、すりおろし生姜、ツナ缶の油を入れ、電子レンジ600Wで2分30秒加熱し、軽く混ぜ、さらに2分、様子を見ながら加熱する。

5③のボウルに調味料、ツナを入れ混ぜ合わせ、皿に盛りつける。

一人分の栄養価(八訂食品成分表による)

エネルギー 93kcal 食塩 0.5g 野菜使用量 80g

キャベツとピーマンのツナあえ

 

野菜が足りないと感じたときに簡単にできるレシピです。キャベツやピーマン以外のお好みの野菜でもできます。また、市販のカット野菜を使うと手軽にできます。

(県民公開講座2022「レンチンレシピ」)

 

 

 

 

 

2人分
キャベツ葉 1枚程度
ピーマン 3個
ツナ缶 小1個
ポン酢 小さじ4
ごま油 小さじ2
いりごま         小さじ2
  1. キャベツは短冊切りにし、しんの部分は薄く切る。
  2. ピーマンは縦半分に切り種をとり、横向きから太めのせん切りにする。
  3. 耐熱容器にキャベツ、ピーマン、ツナ缶、ポン酢、ごま油を入れ、ふんわりとラップをして、電子レンジ600Wで3分加熱する。
  4. いりごまを加え、全体を混ぜ合わせる。

一人分の栄養価(八訂食品成分表による)

エネルギー 172kcal 塩分 1.2g 野菜使用量  86g

 

鯛とネギの香油蒸し

 

2人分位の料理なら 直径20cm位の鍋または蓋つきのフライパンを使うとよいでしょう。

出し汁で、野菜と魚を煮ます。

最後にゴマ油を熱して回しかけるのがポイントです。

 

(県民公開講座2021「うどんに合レシピ」)

 

 

 

2人分

 

たい50g 2切れ
長ネギ 1本(100g)
人参 30g
だし昆布 5cm×20cn
小さじ1/2
ごま油 大さじ1
  1. だし昆布は水に浸けてだしを取り、1カップ用意する。
  2. 長ネギは 斜めのうす切り、人参は 千切りにする。
  3. 直径20cm位なフライパンまたは鍋に②を敷き、鯛をのせ、①のだしを入れる
  4. ③に塩を振り入れ中火で蓋をて5分位蒸す。
  5. 仕上げによく熱したゴマ油を回しかける。

一人分の栄養価(七訂食品成分表による)

エネルギー 149kcal タンパク質 11.1g 塩分 1.5g